職業生活と家庭生活との両立が叶う働きやすい環境を作ることで、全職員が能力を発揮して職務遂行できる職場環境作りを行うと共に、女性が更に活躍出来るよう、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成29年4月1日~平成34年3月31日

2.内容

目標1 男女ともに両立支援制度を利用しやすい環境を整備する。
対 策 29年4月~
・制度の詳細や問題点などを社内検討会により協議する。
・管理職に意義を説明し理解を求める。

29年5月~
・相談窓口を設置する。
・育児休業・介護休業制度の周知と利用を推進する。
目標2①毎年4月~11月の間の第1・3土曜日をノー残業デーとする。
②毎年7月~9月の間の有給休暇の取得促進し、計画的な第2夏期休暇を設定する。
対 策 29年4月~ 
・制度の促進、効率化に向けて社内検討会にて協議する。
・管理職に意義を説明し理解を求める。

29年5月~
・制度を導入し、安全大会にて社員に周知し利用を促す。
目標334年までに管理職に占める女性労働者の割合を15%以上にする。
対 策 29年4月~ 
・女性社員のキャリア形成に対する意識のヒアリングを行う。
・管理職に対する研修や意識啓発を実施し、女性が活躍する風土を醸成する。
・仕事の効率や成果に応じた公正な評価を行い、登用機会を設ける。
・キャリア形成を狙いとする女性社員に対しての研修を実施する。
目標4女性の配置がなかった職種へ1人以上配置する。
対 策
29年4月~
・女性を配置する上での課題について社内検討会により協議する。

29年5月~
・求職者に対し、女性入職希望者の拡大に繋がる募集・採用基準の見直しを行い、
 積極的な採用・配置を行う。
・必要な職場環境の改修・改善・整備を行う。